AEDの販売・レンタル事業部
申込み専用ダイヤル
お問合せ
0120-1755-81 
AEDで助かる命がそこにあります。
平日:9:00〜18:00 (土曜日は15:00まで)日曜・祝祭日は除く
ライフパックCR2の機種限定キャンペーン
純正壁掛式純正収納BOXを無料で差し上げます。AED1台に1台無料
2020年7月1日〜9月30日迄
ローティドソリッド AED収納キャビネット  通常売価:72,000円
寸法
重量
ナイロンベルト寸法
電源(アラーム用)
対応AED
IP規格
直径:470mm×高さ:180mm
1.7Kg
長さ約160mm
単三電池 2本
ライフパックCR2・サマリタンシリーズ
IP55
材質
附属品
カバー:100%リサイクルポリカーボネート製
背板:100%リサイクル高密度ポリエチレン
タッピングスクリュー 4個
ワッシャ 4個

販売名:ライフパックCR2
承認番号:22900BZ100039000
高度管理医療機器・特定保守管理医療機器

メーカー希望販売価格 
365,000円(税別)
販売価格はお問合せ下さい。


カタログLIFEPAKCR2

明確なイラスト表示と音声で「実用性」を追求
ライフパックCR2は、シンプルで大きなイラスト、音声ガイダンスをわかりやすく明確に救助者に伝える工夫が施されています。
たとえ日頃から訓練を受けていても、いざという時には使用がためらわれる事も少なくありません。救助者を不安にさせず、より自信を持って使用できるように可能な限りシンプルなデザインを追求したAEDです。
従来製品よりも早い1回目の電気ショック
カバーを開け、患者の胸をはだけます。

※蓋を開けると自動的に電源が入ります。
※蓋を閉めなくても電源を切る事が出来ます。
赤いハンドルを引き、クイックステップ電極パッドを患者に貼り付けます。

※音声ガイダンスのスピードが2段階
電気ショックボタンを押すまでは聞き取りやすスピードでガイダンスが流れます。CPR時は少し早めのスピードへ変わります。
弊社が特にオススメするポイント!!
クイックステップ電極パッドは従来型のAEDとは大きく異なります。
一般的な使い捨て電極パッドの貼り付け手順
使い捨て電極パッドの袋を取り出し、開封を行い、1枚づつ剥離紙から剥がしてから傷病者に貼り付けてる為、時間的ロスが多い。
使い捨てクイックステップ電極パッドの貼り付け手順
開封はハンドルを引くだけで瞬間的に開封できます。電極パッドはトレーから1枚ずつ直接貼り付ける事が出来ます。
※トレーが剥離紙の役割をしている為、剥離紙を剥がす行為もありません。タブも大きい為、容易に剥がせます。
CPRサポート技術で
「質の高い胸骨圧迫」を


突然の心停止に対処するには、AEDを使用することはもちろんのこと、心肺肺蘇生(胸骨圧迫や人工呼吸)を実施することがとても重要です。日本蘇生協議会(JRC)ガイドラインは、中断時間を最小限にすることを強く推奨しています。
大きく明確なイラスト表示
救助者は訓練を受けたことがあってもなくても、どう開始すればいいかすぐに分かりります。
QUIK-STEP電極
ベース部分に平行に並べられた電極は、そのまま素早く剥がして患者に貼り付けることができます。
メトロノームと心肺蘇生コーチング
効果的なペースを設定し、使用者を音声で導きます。
必要に応じて、胸骨圧迫の有無を検出し是正します。
ClearVoiceテクノロジー
周りの騒音を検知し、指示がはっきりと聞こえるよう音量を調節します。
最大360Jまでのエネルギー上昇
必要に応じてより効果的な電気ショックを与えます。
パイリンガル対応
デバイスの使用時、事前に設定した第二言語へ切り替えます。
※デフォルトは英語です。
LlFEPAK TOUGH"
IP55等級で過酷な環境にも耐えられます。
8年間の長期保証
ボタン1つで小児モード
切替できます
ライフパックCR2は、通常の電極パッドを活用した独自の体動検知技術によって、救助者が胸骨圧迫を中断している場合に音声ガイダンスで、心肺蘇生を開始するように促します。

患者の胸郭インピ一ダンス

又、電気ショック完了から心肺蘇生を再開するまでに遅延が生じないように、即座にメトロノーム音と音声ガイダンスで心肺蘇生を再開することを促します。
時に、人が多く集まるスタジアムや駅などでは騒がしい環境での処置も想定されます。ライフパックCR2は、独自の音声調整技術で、救助者にとって聞きとりやすい音声ガイダンスを追求しています。騒音レベルが基準を超えると、装置が音量を自動調整します。

ライフパックCR2の標準付属品
本体、バッテリ、電極トレイ(1個)、取扱説明書、使用開始ガイド、ワイヤレス設定ガイド、USBケーブル、レスキューセット、ソフトキャリーケース、ショルダーストラップ、オリエンテーションDVD、設置シール、ライフリンクセントラルガイド、安全管理タグ、全国AEDマップ登録依頼書









長期リースより現金購入がお得な理由 ※少額減価償却資産の特例について
AEDの減価償却期間は通常4年間となりますが購入金額が30万以下であれば一括で経費として処理できます。
取得価額が 30 万円未満の減価償却資産を導入した場合、一定の要件の下で年間合計額 300 万円を限度として、全額損金に算入することができます。
合計で300万円を超えたものについては全て資産計上して定額法・定率法による減価償却をしなければなりません。
【対象法人】特例の対象となる法人:青色申告法人の中小企業 従業員数500人以下
【適用期間】令和3年度末までの時限立法
詳しくはお客様の経理、税理士等へお尋ねください。
AEDの販売・レンタル事業部
申込み専用ダイヤル
お問合せ
0120-1755-81 
AEDで助かる命がそこにあります。
平日:9:00〜18:00 (土曜日は15:00まで)日曜・祝祭日は除く
ジャパンサービス株式会社
プライバシーポリシー
個人情報のお取扱いについて
Webサイトについて
特定商取引に関する表示
会社概要
copyright 2004 japan service ALL Rights Reserved